あなたのおくりものソムリエ threaF −スリーフ−

BLOG

夏本番!紫外線対策アイテムの上手な使い方と、日焼け後のスペシャルケア

2022.08.13
CAMYU オーガニック CBD バスソーク PURPLE HEALER
ブログ

こんにちは
threaF(スリーフ)スタッフの下田です。
夏本番!紫外線が気になる季節になってきました。
ちょっと外出しただけで真っ黒に…なんて経験をした人も多いんじゃないでしょうか。
私も何度となく後悔した経験があります。
今回は、紫外線対策アイテムの上手な使い方や、うっかり日焼けしてしまった時のスペシャルケアをご紹介します。

目次
■なぜ紫外線対策が必要か?
■上手に使いこなしたい、紫外線対策アイテム
■日焼けをしてしまったら、その後のお手入れが重要!
■日焼け後のスペシャルケアにCBDがオススメ
■さいごに

なぜ紫外線対策が必要か?

適度な日光浴は大切ですが、紫外線の浴びすぎは様々なトラブルの原因となります。

紫外線を浴びると、紫外線が皮膚の奥に浸透するのを防ぐため、メラニンという黒い色素が生成されます。そのため、肌が黒くなってしまうんです。

また、紫外線は肌を黒くする他、皮膚の弾性繊維を破壊し、シワやたるみの原因となります。
「日に焼けても赤くなるだけで、黒くならない」なんて人でも、シワやたるみのリスクは潜んでいるということです。

また、季節や天気により紫外線量は異なりますが、冬でも雨の日でも常に紫外線は降り注いでいます。
室内でも日に当たる窓際や車の中では紫外線はあるため、常に紫外線対策が必要になってきます。

 

上手に使いこなしたい、紫外線対策アイテム

紫外線を浴びると肌だけではなく頭皮や髪の毛、目もダメージを受けます。

それぞれに合った紫外線対策アイテムもたくさん出ているので、用途に合わせて上手に使う方法を紹介します。

①肌の日焼けに
日焼け止めの他、アームカバーやUVカットのカーディガン、唇の日焼け予防にUVカットのリップなどがあります。
ここでは、日焼け止めの選び方をご紹介します。

日焼け止めに記載されている、PAやSPFって、なんのことか分かりますか?
日焼けを引き起こす紫外線には、UV-AとUV-Bの2つがあり、PAやSPFはそれらの防止力の高さを表してます。

PA
肌を黒くしたり、シワやたるみの原因になるUV-Aに対する防御力の高さを表します。
PAの高さはPA+~PA++++の4段階で表されます。

SPF
炎症を起こし肌をヒリヒリさせたり、シミやそばかすを起こす、UV-Bの防御効果を表しています。
SPFは2~50、50以上は50+と表示され、数字が大きいほど防ぐ効果が高くなります。

SPF50+、PA++++が一番紫外線を防ぐ効果が高いことになります。
しかし、時間が経つにつれ、汗などで日焼け止めが落ちてしまえば、当然効果も落ちてしまいます。こまめに塗り直すことが大切です。

また、紫外線を防ぐ効果が高い分、肌への負担も高くなります。
なので、シーンによって日焼け止めを使い分けることがオススメです。下記はその目安です。

日常生活          SPF20、PA++
屋外での活動(外回りなど) SPF40、PA+++
屋外でのスポーツ      SPF50、PA++++

②頭皮、髪の毛の日焼けに
頭皮や髪は、直接紫外線を受けるため、ダメージを受けやすい部分でもあります。
頭皮が真っ赤に日焼けしたり、髪がパサパサになってしまうため、紫外線対策や日焼け後のケアが必要です。

日傘や帽子、髪の毛にも使えるスプレータイプの日焼け止めで、しっかり紫外線を防ぎましょう。

また、ダメージを受けてしまったら、肌と同じで頭皮も濡れタオルや布を巻いた保冷剤でクールダウンし、保湿しましょう。
髪の毛も優しく洗い、しっかりトリートメントします。ドライヤーも長時間当てずに、タオルドライし、手早く乾かします。

③目からの日焼けに
目からも日焼けするって知っていましたか?
目から紫外線が入ることで、防衛反応としてメラニンが作られてしまうんです。
また、角膜にもダメージを与えるため、痛みや充血を起こしてしまいます。

そのため、サングラスで紫外線を防ぐことが大切です。
サングラスは黒色ならなんでもOKと言うことではなく、UV加工されているものを選びましょう。

 

日焼けをしてしまったら、その後のお手入れが重要!  

とはいえ、日常生活の中で完全に紫外線を防ぐのは難しいですよね。
うっかり日焼けしてしまったら、その後のお手入れが重要です。

①クールダウン
日焼けは紫外線により皮膚が炎症を起こしている状態なので、まずはしっかり冷やしましょう。
冷水や濡らしたタオル、布で巻いた保冷剤などで、ほてりが引くまで冷やしてください。
ほてりがあるうちは、入浴も控えた方が安心です。

②保湿
肌のほてりが引いてヒンヤリとしてきたら、保湿をします。
低刺激で保湿力の高い化粧水がオススメです。
肌が弱っている状態なので、コットンでパタパタとするのではなく、掌で優しくハンドプレスしてください。

③ビタミン、ミネラル、水分の補給
肌に必要なビタミンや水分を取ることも大切です。
サプリメントなどでビタミンやミネラルを補給し、たっぷりの水分をとってください。
また、抗酸化作用のあるリコピンを多く含むトマトジュースなどもオススメです。

 

日焼け後のスペシャルケアにCBDがオススメ

CBDとは?
カンナビジオールといって、海外を中心に注目されている成分です。
CBDは、健康的に過ごしたい。ゆっくり落ち着きたい。そんな方におススメです。

コスメ業界でも注目されているCBDを取り入れたスペシャルケアはいかがでしょうか?

CAMYU オーガニック CBD バスソーク PURPLE HEALER 税込7,425円
CAMYU オーガニック CBD バスソーク PURPLE HEALER (税込7,425円)
CBDとラベンダーの恵を全身で楽しめる、贅沢なバスソークです。
ココナッツオイル、シアバター、ビタミンンEも配合されており、お肌に潤いを与えます。
ラベンダーの香りでリラックスし、湯船に浮かぶラベンダーの花を眺めるのも女性心をくすぐります

 

さいごに

紫外線防止アイテムを上手に使い、紫外線対策とスペシャルケアで、夏の紫外線トラブルと上手に付き合っていけたらいいですね。

CBDの他にも、threaF(スリーフ)では紫外線対策やスペシャルケアにピッタリのアイテムをご用意しています。
お気軽に、夏のお肌のお悩みをご相談してください。
しっかり紫外線対策し、楽しい夏を過ごしましょう。

 

<店舗情報>
・住所:東京都豊島区高田1丁目38−12 目白ガーデンハイツ1F
・電話番号:03-5904-8633
・営業時間:〈月〜金〉11:00〜20:00
〈土日祝〉12:00〜18:00
〈定休日〉毎週水曜日
threaF(スリーフ) オンラインショップ