あなたのおくりものソムリエ threaF −スリーフ−

ONLINE SHOP

BLOG

【目白・雑司が谷】2022年ハロウィンイベントまとめ

2022.10.10
ハロウィン、猫、threaF
ブログ

こんにちは

threaF(スリーフ)スタッフの川上です。

夏の暑さもやっと収まり、季節も秋めいてきましたね。

少しずつ涼しくなっていく今の時季が私はとても好きです。

そんなこの時季に、いつの間にか日本でも定着してきたシーズンイベントがありますよね。

 

そう、ハロウィンです!

 

私が、最初にハロウィンを認識したのは東京ディズニーランドでのイベントなどです。

そのうちにテレビのニュースで渋谷のハロウィンイベントの様子を目にし、多くの人がコスプレして盛り上がっているのに驚いたのを覚えています。

 

そんなハロウィンイベントも大きな会場だけでなく地域に根付いて来ているようで、私たちthreaFもお世話になっている目白や雑司が谷でもイベントが開催されています。今回はそんなハロウィンについての記事を書いていきます。

目次
■ハロウィンの始まり
■ハロウィンは、いつ日本に来たのか
■目白のハロウィンイベント
■雑司が谷のハロウィンイベント
■おわりに

 

■ハロウィンの始まり

私のイメージするハロウィンは、かぼちゃの置物ジャックオーランタン、トリックオアトリート、子どもや若者が仮装して盛り上がるイベントのイメージです。そもそもハロウィンとは何なのか、これを機に調べました!

まずは、一緒にハロウィンを学びましょう。

 

ハロウィンの起源は、紀元前の古代アイルランドのケルト民族にまでさかのぼります。ケルト民族では11月1日が新年で10月31日が日本でいう大晦日にあたるそうです。秋の終わりから冬の始まりを告げる時季で、秋の収穫物を集めた盛大なお祭りが開かれていました。このお祭りの日には、死後の世界との扉が開き死者の霊が戻ってくるとも信じられていました。死後の世界から戻ってきた死者の霊は悪魔や魔女の姿をして現われ、ケルト民族の人々は霊の機嫌をそこなわないよう食事や飲み物をふるまい、死者の霊に子どもたちが気づかれない様に仮装させていたようです。

有名なジャックオーランタンも元々は、かぼちゃではなくカブをくり抜いて頭蓋骨を模してその中に蝋燭を入れて霊が戻ったことを表していました。カブがカボチャになったのは、アイルランドから始まったハロウィンの文化がアメリカに渡ってからでした。

当時のアメリカでは、カブは余り馴染みがなく多く栽培されていたカボチャが採用され、今ではハロウィンの顔であるジャックオーランタンになったそうです。

引用元:【教えたくなる雑学】ハロウィンで仮装をするのは、悪霊から身を守るため!?

 

ハロウィンの始まりを調べれば調べるほど、日本での「お盆」に似ているなと感じました。こんなにも親和性のあるイベントだからこそ日本に定着したのかなと感じました。

では次に、ハロウィンがいつ日本に来たのかを調べてみました。

 

■ハロウィンは、いつ日本に来たのか

アイルランドでの秋祭りがアメリカに渡り、近年見かける仮装イベントの風習となりました。そのアメリカ風のハロウィンが日本に渡って来たのは、1970年代キデイランド原宿店にてハロウィン関連商品の販売を開始したのが始まりでした。1983年10月には同じくキデイランド原宿店が販売促進の一環として日本初とされるハロウィン・パレードを開催されました。

その後、1990年代後半より始まった東京ディズニーランド(東京ディズニーリゾート)のイベント・ディズニー・ハロウィーンをはじめとするイベントが各地で開催されたことに加え、2000年代後半より菓子メーカーが相次いでハロウィン商戦に参入したことなどを契機としながら、2010年代中盤にはSNS の普及にも後押しされて市場規模が拡大していきました。同時期、店頭・街中でのハロウィン装飾が見られるようになったほか、仮装・コスプレのイベントとして日本式にアレンジされたハロウィンが行われています。近年では幼稚園や保育園の恒例行事になっているほか、大人も仮装をして参加するイベントが大都市圏を中心に各地で行われています。

引用元:Wikipedia「ハロウィン」

 

ハロウィンが1970年代から日本に渡って来ていて半世紀が経ってるなんて知りませんでした。わたしは東京ディズニーランドのイベントで知ったので、最近急に広まった印象でした。

ここからは日本に渡って半世紀が経ち地域に根付きはじめたハロウィンを、threaFに関わりのある目白・雑司が谷に限定して紹介していきます。まずは目白です。

 

■目白のハロウィンイベント

目白近辺で開催されるハロウィンイベントは、目白銀座商店会主催のハロウィンパーティーと東目白振興会主催の第12回ハロウィンパーティがあるようです。

今回は、私たちthreaFも参画している東目白振興会主催の第12回ハロウィンパーティーを紹介させて頂きます。3年ぶりの開催とあって地域から盛り上げて行こうとthreaFの店長と私たちスタッフも盛り上がっています♪

今回は仮装イベントと子どもたち限定のスタンプラリーを融合したイベントで、スタンプを集めたらお菓子がもらえるようです。

Halloweenparty、ハロウィン、2022年、東目白

Halloweenparty、ハロウィン、2022年、東目白

ハロウィン、スリーフ、雑司が谷

ハロウィン仕様のthreaFです。10月は仮装をした店長に会えるかも、、、、。

 

■雑司ヶ谷のハロウィンイベント

先日、某テレビ番組で放映された雑司が谷。

大鳥神社でもハロウィンと題していませんが、かぼちゃを主にしたイベントが10月23日に開催されます。某テレビ番組の中でも雑司が谷では、音楽大学やアルゼンチンタンゴ専門barなど音楽が根付いている地域と紹介されていました。このイベントでも歌と踊りのショーが同時に行われるなど、地域の特徴を活かしたイベントが開催されます。

かぼちゃ、大鳥神社、雑司が谷

■おわりに

今回は、近年日本に根付き始めているハロウィンのイベントをthreaFの近く目白・雑司が谷地域に限定し紹介させて頂きました。

近年コロナウイルス感染症の影響で対面的なイベントが少なくなっている中、感染症対策を行いながら地域の特性を活かし地域一丸となって盛り上がっていることを知りました。

私たちthreaFもイベントに参画し一緒に盛り上げて行きますので、お越しの際はぜひお立ち寄りください。

あなたの街にも地域に根付いたハロウィンイベントがあるかもしれません。ぜひ調べてみてはいかがでしょうか。

 

 

<店舗情報>
・住所:東京都豊島区高田1丁目38−12 目白ガーデンハイツ1F
・電話番号:03-5904-8633
・営業時間:〈月〜金〉11:00〜20:00
〈土日祝〉12:00〜18:00
〈定休日〉毎週水曜日
threaF(スリーフ) オンラインショップ